MAZDA CX-30

CX-30

新世代商品第2弾 新型コンパクトクロスオーバー!

CX-30!? ・・・0多くないですか?

引用元 https://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2019/201903/190305a.html

第一印象としては、「フロントマスクはCX-5に近づき引き締まった」、「樹脂多いな」「CX-3のフルモデルチェンジ?」と感じました。

マツダのスペシャルサイトによると、すべての領域の「質」を高めたとのこと。また大人が4人ゆったり座れるとか。現時点の情報を整理していきましょう。

デザイン

評価の高い「魂動デザイン」を継続し、よりエレガントなスタイルと力強さを融合させたデザインとのこと。

グリル~ヘッドライトの前面はCX-5に近くジェントルになり、サイドビューではCX-3のような曲線美ではなくCX-5の直線基調よりに見えます。
今までのCXシリーズとの特異点はフェンダー部の樹脂が幅広くなり、ボディーに占める割合が多くなっています。この狙いは視覚的にボディの軽快感を出すためなのか、足高に見せるため?・・・狙いは定かではないですが魂動デザインの新たなチャレンジに見えます。

ボディサイズ

CX-30欧州仕様 全長4395mm×全幅1795mm×1540mm
CX-3国内仕様 全長4275mm×全幅1765mm×1550mm
CX-5国内仕様  全長4545mm×全幅1840mm×1690mm

サイズはCX-3とCX-5の中間ですがCX-3寄りです。CX-3比では全長+80mm、幅+30mm、高さ-10mmといった位置づけです。 全長を伸ばしたことで2列目の乗車スペースを拡大したことが推測されますが、下記画像を見る限りではCX-3と同じくらいの乗車スペースに見えます。サイズ的には大きすぎず街乗りでも気軽に運転できそうです。

パワートレイン(エンジン)

「SKYACTIV-X」「SKYACTIV-G」「SKYACTIV-D」とハイブリッドシステム「M Hybrid」の組み合わせもあり、先日発表されたMAZDA3と共通のようです。

SKYACTIV-X 排気量不明
SKYACTIV-G 2.0L(※SKYACTIV-XとGにはハイブリッドの組み合わせも有り)
SKYACTIV-D 1.8L

トランスミッションは6速ATと6速MTの2タイプ

3月6日時点での情報は以上になります。続報が入り次第記事をアップしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました