CX-8 色選びと人気ランキング!それぞれの特徴を紹介

CX-8

マツダCX-8を欲するものとしてボディカラー選びです。

CX-8は7色のボディカラーが用意されており、そのうち3色は特別カラーでどの色も非常に魅力的です。

この記事ではCX-8の全色の紹介と色選びのポイントを簡単に紹介していきます。

全ボディーカラー紹介(7色)

1、ソウルレッドクリスタルメタリック(匠塗) 特別塗装色+75600円税込み
マツダのイメージカラーでもある赤、通常の赤色より深みがあり魂動デザインの造形美が際立ちます。街中でもぱっと目を引かれる美しさが特徴です。

ソウルレッドクリスタルメタリック

2、マシーングレープレミアムメタリック(匠塗) 特別塗装色+54000円税込み
CX-8専用カラーで「機械の持つ精緻な美しさの追求」をテーマに、力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを高次元で両立しリアルな金属質感を実現。落ち着いた雰囲気と高級感を併せ持つカラーリング

マシーングレープレミアムメタリック

3、スノーフレイクホワイトパールマイカ 特別塗装色+32400円税込み
人気色のホワイト系で塗料にパール(真珠)が入っており通常のホワイトより輝きがあり明るくみえます。膨張色であるため大型なCX-8がより伸びやかに見えスタイリングを際立たせます。

スノーフレイクホワイトパールマイカ

4、ジェットブラックマイカ
全体的に引き締まって見え、美しさや威圧感があり高級なイメージをもつ人が多い。(ハイヤーや各国政府の車も黒塗りが多いですよね)車の外観を重視する人にはおすすめなカラーです。

ジェットブラックマイカ

5、ディープクリスタルブルーマイカ
ブルーマイカ系は一般的にはスポーティな印象を強めますが、CX-8のブルーマイカは青みは抑えられており紺色に近く落ち着いた印象のカラーです。

ディープクリスタルブルーマイカ

6、チタニウムフラッシュマイカ
茶色系のカラーで一見地味に見えますが、天候や夜間では街灯の当たり方で表情が一変します。
この色は画像と実車との印象が大きく変わりますので、実車を見ることをお勧めします。

チタニウムフラッシュマイカ

7、ソニックシルバーメタリック
車格が大きく見え高級色の部類になります(メルセデスベンツはシルバーアローだったり)
傷や汚れが目立ちにくく、メンテナンスしてる時間が無い方にお勧め

ソニックシルバーメタリック

豆知識 塗装の種類

色紹介の中で「メタリック」「マイカ」とか書いてあるけど何?と思った方へ
簡単に塗装の種類について紹介します。

・普通の塗装=ソリッド塗装
白、黒、赤などの単一色でシンプルな塗装の事です。塗装にかかる費用も安くできます。CX-8は高級SUVですのでこのソリッド塗装は設定されていません。

・「メタリック」=メタリック塗装
ソリッド塗装に、アルミ片を混ぜて塗装するのがメタリック塗装です。
アルミ片が光に反射するため車を見る角度によってボディカラーが変わって見えます。
メタリック塗装では、アルミ片が空気に触れて劣化してしまわないように必ず透明なクリヤー塗装が施されます。

・「マイカ」=パール塗装
マイカ=雲母(うんも)という光沢の強い鉱物を混ぜたもので、一般的にパール塗装と呼ばれます。(パール=真珠) 塗装がミルフィーユのように階層になっており、光が当たると各層ごとに複雑な反射が発生し様々な輝きを放ちます。
パール塗装もメタリック塗装と同様にクリヤー塗装が施されます。

人気色ランキング

みんカラに登録されているCX-8愛車紹介の更新順100台から人気色を調査しました。

ランキング第1位(40台)
スノーフレイクホワイトパールマイカ 特別塗装色+32400円税込み
CX-8においても定番のホワイト系が多かったです。
膨張色であるため大型なCX-8がより伸びやかに見えスタイリングを際立たせることに加え、夜間での視認性の高さ(見つけてもらいやすい)、リセールバリューの高さも人気に貢献している模様

ランキング第2位(26台)
マシーングレープレミアムメタリック(匠塗) 特別塗装色+54000円税込み
落ち着いた雰囲気と高級感を併せ持つカCX-8専用色がランキング2位に入りました。
匠塗りに惹かれたユーザーが多いようです。

ランキング第3位(18台)
ジェットブラックマイカ
全体的に引き締まって見え、美しさや威圧感があり高級SUVのCX-8とのマッチングも良好です。定番の白色と同様にリセールバリューも高い傾向にあります。

ランキング第4位(10台)
ソウルレッドクリスタルメタリック(匠塗) 特別塗装色+75600円税込み
マツダのイメージカラーでもある赤ですが意外と少ない結果でした。個人的にはマツダの赤は好きです。

ランキング第5位(3台)
ソニックシルバーメタリック

ランキング第6位(2台)
チタニウムフラッシュマイカ

ランキング第7位(1台)
ディープクリスタルブルーマイカ

ボディカラー選びのポイント5点

最後にボディーカラー選びのポイントを紹介します。

①自分の好きな色
当たり前ですがこれに尽きます。世間の目は気にせず好きな色を選びましょう!

②買い取り価格 
ここは現実に目を向け、いずれ購入したCX-8を手放す時がやってきます。寂しいですが他の車に乗り換えていくのも世の定め。これはCX-8に限らずどの車もそうですが買い取り価格では間違いなく「白」「黒」が高査定を生みます。
・スノーフレイクホワイトパールマイカ
・ジェットブラックマイカ

③メンテナンス性
傷が目立ちにくく、汚れが目立たないのはシルバー系が最も良いとされています。
・マシーングレープレミアムメタリック
・ソニックシルバーメタリック

④安全性(視認性)
安全観点で言うと他者からの視認性を上げる、視界に入りやすくることが大切です。CX-8自体には安全装備が充実しており事故を防ぐことができますが、他者・他車の事故にいつ巻き込まれるかはわかりません。そこで一般的に視認性を高めるには膨張色、暖色系が良、蛍光色が良いとされてます。
・スノーフレイクホワイトパールマイカ
・ソウルレッドクリスタルメタリック

⑤匠塗り
これはマツダ車にしかない特別色で、マツダはカラーリングもデザインの一部と捉え作り込まれているため鼓動デザインとのマッチングも抜群です。迷ってしまい決めきれない場合は、思い切って匠塗りの美しさを堪能するのが良いかと思います。

この記事の画像は全てMAZDA HPを引用しています。
引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/design/

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました