レクサス初ミニバン登場!4人乗りLM in China

4月16日の上海モーターショーで、LEXUSブランド初となるミニバンLMを発表。


レクサスの最上級モデルであるL「LUXURY」の名を授けられた。

LMはアルファード・ヴェルファイアをベースとし前後のエクステリアに変更が加えられている。フロントはレクサスの象徴スピンドルグリルとL字のヘッドライトポジションを採用、リアには存在感あるテールランプとメッキパーツで高級感を演出している。

パワートレーンは、アルファード・ヴェルファイアと同じ2.5リッター直列4気筒エンジン+モーターのハイブリッド仕様で電気式無段変速の組み合わせである。

特記すべきはこの車格があるにも関わらず4人乗り絞り、最高の移動空を目指していること。
特等席の2列目であり電動調整式のセパレートタイプのシートで大型液晶モニターに、シャンペンを冷やすクールボックスも付き。サウンドシステムはLM専用開発のマークレビンソンで19個のスピーカーを搭載する。
この各種アイテムは2列目に座る方のために開発されている。

インテリアは墨絵をモチーフにしたインテリアパネルを採用し中国市場を意識した派手さと高級感の両立したものとなっている。

日本市場への導入は未定であるが、要人や社長様には「最高の移動空間」になること間違いなしの車といえるでしょう。

さすがトヨタ!戦略がうまいなと思いました。きっとすごいお値段でアルファードを売るようなものなので、ドル箱ジャブジャブ爆益間違いないでしょう!

にほんブログ村 車ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました